妊娠の回数が増えると妊娠線も増える!?

妊娠回数と妊娠線は比例する?

 

 

妊娠線

 

 

「1人目の時は恥骨の上からおへその下あたりにかけて若干妊娠線が出ました。2人目の時にはまた新たな妊娠線が出てくるのでしょうか。?」

 

 

「2回目の妊娠の方が妊娠線が出やすいと聞いたのですが本当でしょうか?」

 

 

そんな疑問に答える為に、ここでは経産婦の妊娠線についてみていきましょう。

 

 

↓旦那とラブラブ♡妊娠線予防・改善クリームはこちら↓ 妊娠線クリーム

2回目以上の妊娠。妊娠線はどうなるの?

 

妊娠線

 

 

 

2回目以降の妊娠の場合、妊娠線ができやすいといわれますが、それには次の様が理由があるようです。

 

 

 

1. 肌が一度伸びて弱っている

 

2. 1回目の妊娠時より肌年齢が上がり柔軟性がなくなっている

 

 

妊娠線はお腹の赤ちゃんの成長により皮下組織が伸ばされ、限界まで伸ばされた後に断裂することで起こるといわれています。

 

 

1度以上妊娠・出産を経験した経産婦の場合、以前の妊娠により肌が伸びて弱くなっているので、急激な伸びについていけず皮下組織が断裂しやすいといわれています。

 

 

また、以前の妊娠時より年数が経ち、肌の柔軟性や弾力性も少なくなっているので、その分伸びに弱く妊娠線ができやすいといわれています。

 

 

既に妊娠したことがあると(お腹も大きくなったこともあるし、肌も慣れてるでしょ?)と思ってしまいますが、これは全く逆だということになります。

 

 

ですから、2度目以降の妊娠であれば尚更、妊娠線クリームなどを利用して柔軟性や弾力を強化してあげる必要があります。

 

 

↓旦那とラブラブ♡妊娠線予防・改善クリームはこちら↓ 妊娠線クリーム

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加