病院のクリームとの違いは?

市販と病院のクリームの違いは?

 

妊娠線

 

 

「病院からもらった薬をつけているけど、かゆくて。。妊娠線も普通に出てくる。。」

 

 

そんな悩みを解決する為に、ここでは病院と市販のクリームの違いについてみていきましょう。

 

 

↓旦那とラブラブ♡妊娠線予防・改善クリームはこちら↓ 妊娠線クリーム

病院と市販のクリームの一番の違い

 

妊娠線

 

 

病院と市販のクリームの一番の違いは「目的」ではないでしょうか。

 

 

妊娠線の相談をしに病院にいくと、だいたい病院から出されるのはシンプルな保湿クリームで、目的は「肌を潤して柔軟に保つこと」です。

 

 

一方、市販のクリームの目的は「肌を潤して柔軟に保つこと」+「肌質の向上」。

 

 

ここでいう肌質の向上とは、肌を引き締めたり、キメを整えたり、透明感を出したり、潤いに加え美容効果を期待したものです。

 

 

病院で「できてしまった妊娠線は治りません。」とよく言われるように、できてしまった妊娠線はどうすることもできないので、これ以上妊娠線を増やさないために、予防していきましょうというアプローチの元、シンプルな保湿クリームが出されるのではないでしょうか。

 

 

また、病院から出されるクリームの中には海外製品もあり、ママによっては「病院から出されたクリームを使い始めてから肌が痒くなった」という人もいます。

 

 

一方、市販クリームを開発・製造している会社は、肌に潤いを与えて柔軟にすることに加え、引き締め効果のある成分や美白効果の期待できるものなど、今のケア+将来の美肌作りにアプローチするものが多いようです。

 

 

もちろん、敏感肌になりやすい妊婦さん様に優しい成分が使われていて、肌に負担にならないように無添加を重視して作られているものが多いです。

 

 

また、製品によっては生まれてくる赤ちゃんにも使えるものがあり、こういったものは無駄なく使えるのでいいですね?

 

 

ここまで病院と市販のクリームの違いをみてきましたが、病院や購入する市販の製品によって特長は様々ですが、ご自身の目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

 

↓旦那とラブラブ♡妊娠線予防・改善クリームはこちら↓ 妊娠線クリーム

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加