普通のクリームではダメなの??

クリームなら何でもいいわけじゃない!?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

妊娠線

 

 

「妊娠線予防のクリームは普通のボディクリームとは違うんですか?」

 

 

「妊娠線を予防するには専用のクリームじゃないとダメなんですか?」

 

 

「保湿クリームを妊娠線予防クリームとして使う事はできますか?」

 

 

そんな疑問にお答えする為に「一般のクリームと妊娠クリームの違い」についてみていきたいと思います。

 

 

↓旦那とラブラブ♡妊娠線予防・改善クリームはこちら↓ 妊娠線クリーム

普通のクリームと妊娠線クリームの違い

 

妊娠線

 

 

普通のクリームを使う人は、ニベアの青缶やボディ用乳液、ボディショップの製品などのボディクリームや保湿クリームを使う人が多いようですね。

 

 

また、妊娠線用のクリームについては、ノコア、ベルタ、afcストレッチマーククリーム、クラランスのストレッチマークボディクリームなどが多いようです。

 

 

これらの違いはズバリ「目的」でしょう。

 

 

通常のボディクリームや保湿クリームは肌の潤いをサポートするのが目的で、保湿成分が重視されて作られているものがほとんどです。

 

 

また、ボディ用のクリームにはリラックス効果を期待するものがあり、香料が混じっているものも沢山あります。

 

 

さらに、妊娠線にはあまり関係ない「パラベン」などの防腐剤も入っていて、妊娠中の肌には逆効果なものもあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

一方、妊娠線クリームの目的は「妊娠線の予防と対策」で普通のボディクリームよりもかなり目的がハッキリしています。

 

 

妊娠線ができるメカニズムもしっかり分析して作られているので妊娠線に対する成分等のアプローチがダイレクトですし、妊娠中のママの肌状態やお腹の赤ちゃんへの影響などもよく考えて作られています。

 

 

その為、保湿を強化してあるものが多く、つわりの時も使えるように無香料にしてあったり、ホルモンバランスの乱れで敏感になっている肌に負担をかけないように無添加にしてあるものがほとんどです。

 

 

また、付け心地などが普段以上に気になる妊娠期に長く気持ちよく使い続けることができるようサラッとした使い心地のものが多いです。

 

 

ここまで、普通のクリームと妊娠線クリームの違いを見てきましたが、

 

 

★ 妊娠線ができにくい肌に整える

 

★ できてしまった妊娠線にアプローチする

 

★ つわりの際にも問題なく使える

 

★ デリケートな肌にも安心して使える

 

★ お腹の中の赤ちゃんにも安全

 

★ 気持ちよく継続して使える

 

 

など妊娠中のママにとって必要な条件を満たしてくれるのは、やはり妊娠線クリームだといえるでしょう。

 

 

お腹がきれいになると自信も出ますし、妊娠前のようにおしゃれやメイクも楽しめるようになりますよ♪

 

 

↓旦那とラブラブ♡妊娠線予防・改善クリームはこちら↓ 妊娠線クリーム

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加