太ってるから大丈夫?!

太っていると妊娠線は出にくいの?

 

妊娠線

 

 

「妊娠線ができにくくなるなら、これからゆっくりと時間をかけて太ってから緩やかに痩せようかと思うのですが。。」

 

 

「太っていたら皮が余っているので伸びても妊娠線は目立たないと思うのですが、本当はどうなんでしょうか?」

 

 

太っていると既に肉や皮やついているので妊娠線が出にくいという噂がありますが、この真相はいかに!?

 

 

↓旦那とラブラブ♡妊娠線予防・改善クリームはこちら↓ 妊娠線クリーム

太った人と痩せた人とでは妊娠線に違いがあるの?

 

妊娠線

 

 

妊娠線は急激に皮膚が伸び、皮膚の繊維組織が破壊されることにより起こるもの。

 

 

その為、太っているから妊娠線ができにくいとはいえず、太っていても皮膚の伸びしろが大きければ皮膚の繊維組織が断裂され妊娠線ができてしまいます。

 

 

逆に、太っていなくても皮膚の伸びが少なかったり、皮膚が柔軟で伸びに対応できれば妊娠線はできにくいといえるでしょう。

 

 

ですから、「太っていると妊娠線ができにくい」のではなく、「太っていても痩せていても皮膚が急に伸びれば妊娠線ができやすく、逆に皮膚の伸びが穏やかで、肌が柔軟であれば妊娠線ができにくい」といえます。

 

 

また、ゆっくり太って穏やかに痩せていく方法に関しては、皮膚が徐々に伸びていくので、日頃からクリームなどで肌を柔軟に保っていれば妊娠線ができにくいといえるでしょう。

 

 

さらに、大柄の人の赤ちゃんが小さい~普通の大きさであれば、お腹のふくらみも大きくはなりませんが、赤ちゃんもビッグサイズということにあると妊娠線ができないと安心することはできません。

 

 

お腹がいつどのタイミングで大きくなるのかは予測できないので、いつグーンと大きくなってもいいように普段から保湿ケアをしていきましょう^^☆

 

 

↓旦那とラブラブ♡妊娠線予防・改善クリームはこちら↓ 妊娠線クリーム

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加