なんでこんなに痒いの?

お腹のかゆみの原因とケア

 

妊娠線

 

 

「妊娠中、お腹や胸の谷間、身体のあちこちが痒い!」そんなことはないでしょうか。

 

 

皮膚を掻いたりすると妊娠線が悪化しますし、「このまま臨月に入って皮が破れて血が出てきてしまうんじゃない!?」と恐ろしくなりますよね。

 

 

ここでは、妊娠中に起こる痒みの原因と出る時期、症状、胎児への影響、治る時期、ケア方法などについてみていきましょう。

 

 

↓旦那とラブラブ♡妊娠線予防・改善クリームはこちら↓ 妊娠線クリーム

お腹のかゆみの原因・出る時期・症状・退治への影響・直る時期

 

妊娠線

 

 

お腹のかゆみにはいくつかの原因が考えられますが、主な原因は以下だといわれています。

 

参照:http://www.skincare-univ.com

 

 

 

 

1.肌の乾燥

 

 

妊娠中は肌が代謝異常になり乾燥になることが多いといわれています。

 

 

乾燥の場合はクリームなどを塗って保湿するようにしましょう。

 

 

また、乾燥の激しい春先や秋冬もいつも以上に保湿を心がけましょう。

 

 

 

 

2.妊娠線の前兆

 

 

皮膚細胞(皮脂脂肪)が切れ、真皮が断裂することで起こる妊娠線ですが、真皮が裂ける時にピリッとした痛みや、チリチリしたかゆみを感じることがあります。

 

 

肌を柔軟にし、断裂を最小限に抑えるためにも、妊娠線クリームなどを活用して予防していきましょう。

 

 

 

 

3.妊娠時特有の皮膚病

 

 

これには次の4つのパターンがあるといわれています。

 

 

 

 

++++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

① 妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)

 

 

(原因) 

 

 不明

 

 

(出る時期) 

 

 2回目以降の妊娠に多く、妊娠3~4か月頃から出現しはじめて出産まで続きます。

 

 

(症状) 

 

 100人に1人の割合でみられるといわれ、蕁麻疹の症状と似ている妊娠性痒疹。

 

 手足や体など、局所的に1cm以下の円形・楕円形・多角形などいろいろな形をした皮膚の盛り上がりが突然発生し、徐々に体中に広がっていくというケースも多い。

 

 強いかゆみをともなうのが特徴で、痒みの為に夜も眠れない、血が出るほど掻きむしってしまうケースも。

 

 さらに、痒疹がストレスや不眠につながることもあります。

 

 

(胎児への影響)

 

 胎児への影響はないと考えられています。

 

 

(治る時期)

 

 一般的には、出産後数日すると治まってくるといわれています

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

++++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

② 多形妊娠疹(pruritic urticarial papules and plaques of pregnancy: PUPPP)

 

 

(原因) 

 

 不明

 

 

(出る時期) 

 

 初回妊娠で妊娠後期に現れる

 

 

(症状) 

 

 腹部を中心に蕁麻疹のような紅斑が表れ、手や脚などに出る場合もあります。

 

 色は赤で1つ1つがくっついて環状や地図状などに拡大し大きくなることも。

 

 強いかゆみをともないますが、出産後に急速に消える事が多いといわれています。

 

 

(胎児への影響) 

 

 なし

 

 

(治る時期) 

 

 出産後の早い段階

 

 

 

 

++++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

③ 妊娠性疱疹(ほうしん)

 

 

(原因) 

 

 不明

 

 

(出る時期) 

 

 妊娠中期以降に症状が表れることが多く、産後に発症する場合も

 

 

(症状) 

 

 自己免疫性の水疱症で、強いかゆみをともなう浮腫性の紅斑が身体のあらゆる場所に現れ、広がっていくのが特徴。紅斑の中に水疱ができます。

 

 

(胎児への影響) 

 

 なし

 

 

(治る時期) 

 

 出産後の早い時期

 

 

 

 

++++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

④ 妊娠性肝内胆汁うっ滞症 

 

 

(原因) 

 

 遺伝性の可能性が報告されていますがはっきりとした原因は不明

 

 

(出る時期) 

 

 妊娠中期から末期

 

 

(症状) 

 

 妊娠後期に多く発症し全身の強い掻痒感(かゆみ)と黄疸を特徴とした、妊娠に特徴的な合併症。

 

 妊娠のホルモンの影響で胆汁のうっ滞が起こり、これにより激しい皮膚のかゆみが現れ、その後黄疸が出現します。

 

 特に、夜になると掻痒感は強まることが多いといわれています。

 

 また便が灰白色などに変色することがあります。

 

 

(胎児への影響) 

 

 胎児の発育に影響することがあるので、慎重な管理が必要。

 

 

(治る時期) 

 

 治療が必要になるので、症状による

 

 

 

 

++++++++++++++++++++++++

 

 

これらのほかに、妊娠によってアトピー性皮膚炎が悪化するケースもあります。

 

 

強いかゆみは精神的なストレスにもつながるため、まずは産婦人科医に相談し、必要に応じて皮膚科医を紹介してもらいましょう。

 

 

↓旦那とラブラブ♡妊娠線予防・改善クリームはこちら↓ 妊娠線クリーム

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加