妊娠線治療について知りたいなら!

妊娠線治療ってどうなの?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

妊娠線

 

 

妊娠線治療で妊娠線をどうにかしたいと考えているママもいるのではないでしょうか?

 

 

ここでは、妊娠線治療の内容や費用についてみていきたいと思います。

 

 

↓旦那とラブラブ♡妊娠線予防・改善クリームはこちら↓ 妊娠線クリーム

妊娠線治療の内容と費用

 

妊娠線

 

 

では早速、妊娠線治療についてみていきましょう。

 

 

治療には大きく3つの方法があります。

 

 

 

 

・ レーザー治療(費用:約10万~30万円)

 

 

レーザーで熱刺激を与えて真皮や皮下組織の再生を促す方法で、キズ跡の赤みを取ったり、ケロイド(盛り上がった肉芽)を縮小させるのに効果的だといわれています。

 

 

ただ、熱によって組織の再生力を高めるのは非常に難しく、全く効果がなかったり、熱の刺激が強すぎて火傷のような副作用が出る方もいるようなので注意が必要です。

 

 

また、治療後1週間ほど赤みが残ることが多いといわれています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

・ 炭酸ガス治療(費用:約20万~30万円)

 

 

元々、フランスで妊娠線解消の治療として使われていた方法で、それを日本人の肌質に合うように改良した治療法。

 

 

医療用炭酸ガスを皮膚(皮内・皮下)に注入することで、血流を改善して皮膚代謝をアップさせます。

 

 

また、炭酸ガスによって皮膚に一時的なダメージを与えることにより、皮膚の再生能力が活性化してコラーゲンの産生を促進します。

 

 

レーザーとは異なり、真皮と皮下組織に直接アプローチすることができるので治療効果が高いといわれています。

 

 

 

 

・ ニードル(針)治療(約20万~30万円)

 

 

超極細針が付いたペン型の特殊な電動針を肌にあて、高速振動で穴を開けてコラーゲンの増殖を促しながら自然治癒力を高めていく方法。

 

 

表皮を収縮し、切れてしまった真皮層繊維の修復を促します。

 

 

アレルギー反応や皮膚へのリスクがほぼないといわれ、レーザーと違って熱エネルギーを使わないため手術に伴う副作用やダウンタイム(肌が回復するまでの時間)もないといわれています。

 

 

 

ここまで、妊娠線治療についてみてきましたが、やはりクリームよりもだいぶ高額になりますね?

 

 

場合によっては何回も通わなければならないですし、都度費用がかかる事を考えると、これらは最低必要料金と考えた方が良いでしょう。

 

 

「時間がかかってもいいから、できるだけ安く妊娠線をケアしたい」と思うのであれば、まずは妊娠線クリームを使ってしっかりケアしていった方が良いでしょう。

 

 

↓旦那とラブラブ♡妊娠線予防・改善クリームはこちら↓ 妊娠線クリーム

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加